• HOME
  • 理事長あいさつ

理事長あいさつ

理事長あいさつ

理事長

はるな生活協同組合 理事長
鈴木 隆

はるな生活協同組合は地域の人々が共同で作った、医療と介護の事業を行う生活協同組合です。

1952年に地域の人たちの運動と協力する医療関係者によって設立されました。一つの診療所からスタートしましたが、その後病院を作り、歯科診療所、訪問看護ステーション、デイサービス、高齢者住宅などに事業を拡げています。私たちが目指すのは地域で安心して暮らしていける環境をつくることです。今は地域包括ケアという言葉が社会でキーワードになっていますが、当生協では早い時期から組合員と職員が一緒になって健康づくり、街づくりの活動を行ってきました。

少子高齢化が進み、また医療制度の変化もあり、地域で求められる役割は時々で変わりつつあります。今は特に高齢者とその家族に対して医療と介護の分野で応援することが求められており、当生協では在宅医療の充実と地域の医療機関、施設、行政との連携に力を入れています。また子育てを支援するため小児科の入院ベッドを持ち、休日の二次病院にも参加し、また病児保育も行っています。

それぞれの事業所は全日本民主医療機関連合会に加盟して、全国の同じ志をもつ病院や事業所と連携して各地の優れた活動を学びあい、また共同して医療・福祉制度の改善や国民の生活や暮らしを守る活動、平和を守る運動を行っています。

国の政治は医療や福祉を大事にしているとはとても言えない状況です。私たちは憲法で謳っている国民が健康で文化的な生活ができるように、自分たちで出来ることに全力で取り組むとともに、政治や社会に対しても働きかけています。

私たちは医療・介護の事業をさらに充実させ、地域のお役に立てるよう努力していきます。当生協の事業・運動に対して、これからも御協力をお願いします。