• 急病の方のご案内
外来受付時間
外来受付時間はこちら
診療予約電話
027-323-2808
休診日
土曜日午後・日曜日・祝祭日
年末年始(12/30〜1/3)
交通案内
アクセスマップはこちら
  • 医師募集
  • 看護師募集
  • 採用情報

外来のご案内

外科

消化器外科および乳腺外科を中心に、痔、鼠径ヘルニアの手術から癌の手術まで幅広く、最新、最良の治療が行えるように精進しています。

当院外科の特長

癌の患者様が約半数ですが、地域型病院のメリットを生かし、初診から検査、手術、抗癌剤治療まで一貫して責任を持って診療いたします。癌の患者様は手術後の長いフォローアップが必要ですので手術後も長く付き合える外科を目指しております。

外科外来では抗癌剤治療を受ける方専用の治療室にて患者様が少しでも快適に通院しながら抗癌剤治療を受けられるように配慮しております。もし癌が再発した場合でも患者様に十分な情報提供を行い、可能な限り抗癌剤治療、緩和療法により延命の可能性および苦痛のない生活を追求します。ターミナル期においては訪問看護師と連携しての在宅往診も可能であり、患者様に最後まで寄り添うことのできる外科を目指しております。

当院外科で治療可能な主な疾患

悪性疾患(癌)
胃癌 ガイドラインに基づき進行度に応じて治療法を選択させていただいております。早期胃癌は内視鏡的切除、特に最近はESDという新しい治療を取り入れております。
手術は進行度に応じて縮小から拡大手術も行っております。症例を選択して腹腔鏡下胃切除術も行っております。
大腸癌 進行度に応じて治療法を選択させていただいております。早期大腸癌、大腸ポリープは内視鏡的切除を内科外科で協同して行っております。
開腹手術は進行度に応じて縮小から拡大手術も行っております。最近は手術創を小さくして体の負担を小さくするために腹腔鏡下大腸切除術も行っております。
乳癌 乳癌健診及び乳癌検査、手術、抗癌剤治療を行っております。マンモグラフィー、乳腺エコー検査は診察当日に可能です。手術は乳房温存療法を積極的に行っております。セカンドオピニオンも歓迎です。
救急の疾患
虫垂炎 保存治療、いわゆる抗生物質でちらす治療の可能性を追求しますが、手術が必要な場合は腹腔鏡下虫垂切除術を原則とし、手術創の縮小化、美容面に配慮いたします。
胆石症、胆嚢炎 腹腔鏡下胆嚢摘出術を原則とします。術後入院期間は4日間です。炎症の強いケースは手術前に胆嚢ドレナージ術を行い、炎症を抑え可能な限り腹腔鏡下に手術を行っています。
胃十二指腸潰瘍穿孔 保存治療(くすりで治す治療)の可能性を追求しますが、手術が必要な場合は腹腔鏡下穿孔部縫合閉鎖術を原則とし、手術創の縮小化、美容面に配慮いたします。
大腸穿孔 早期の手術が必要な疾患です。当院では手術後にエンドトキシン吸着療法を採用するようになってから敗血症から離脱し、救命率の改善が見られています。
その他の疾患
鼠径ヘルニア
(いわゆる脱腸)
手術後のつっぱり感がないように最近はメッシュの人工物を使用する手術が主流です。入院期間は2~3日程度です。鼠径ヘルニアにおいても腹腔鏡下手術が可能です。
自然気胸 胸腔鏡下に小さな創で手術を行っています。術後入院期間は4日間程度です。